巡航ミサイル 『トマホーク』の飛距離や日本の技術は?

巡航ミサイル 『トマホーク』自衛隊も開発しているのか?
2017年4月7日トランプ大統領がシリアに対して巡航ミサイル「トマホーク」59発を発射したというニュース。
巡航ミサイル 『トマホーク』の飛距離や日本の技術は?
アメリカの巡航ミサイル『トマホーク』のようなものを日本の自衛隊も開発しているんでしょうか?
衝撃的なニュースだったので巡航ミサイル『トマホーク』について調べてみました。

スポンサーリンク




巡航ミサイル 『トマホーク』を自衛隊も開発しているのか?


まず巡航ミサイルとは、飛行機のように翼とジェットエンジンで水平飛行するミサイルだそうです。
巡航ミサイルの画像がこれ↓
巡航ミサイル「トマホーク」.PNG
*画像引用 巡航ミサイル WIKIより
う~ん。スタイリッシュですが、これようするに羽つきの爆弾ですよね。。。


巡航ミサイルはいろんな国が開発していますが、現在 日本の自衛隊は保有していません。
ちなみに巡航ミサイル『トマホーク』はアメリカが開発したものの一つです。
この方が言うには、トマホークの値段は、一発で7000万円。
高いですね~^^;
そんなお金があったら、飢餓や貧困で困っている地域の人々に支援すればいいのに。


アメリカの巡航ミサイルのトマホークを製造した会社は『レイセオン』
株価も上がったようですね。
このレイセオン社ですが、2007年11月7日に行われた第10回日米安全保障戦略会議で、日本の自衛隊に巡航ミサイル『トマホーク』を導入(開発)したほうがいいと提案されています。
中国などの大量にミサイルを保有している国から、日本に向けてミサイルが発射された場合、このミサイル自体を全部 狙って撃ち落とすことは不可能。
それならば、ミサイル基地を巡航ミサイルを使って破壊するべきです。
しかし現在の自衛隊(海上自衛隊)には、そんな巡航ミサイルがないので、アメリカに頼るしかないのです。
それで、レイセオン社から『日本の自衛隊も巡航ミサイル『トマホーク』を導入(開発)したほうがいい』と提案されたのでした。
海上自衛隊も先攻攻撃のために巡航ミサイル「トマホーク」の導入を希望していたようです。
しかしその後、自民党から民進党へ政権交代し、この話は途切れたようですね。

スポンサーリンク




巡航ミサイルの射程距離(飛距離)は?


巡航ミサイルはこんな風に打ち上げられるようです。
打ち上げられるトマホーク.PNG
*画像引用 http://www.jiji.com/jc/d4?p=wmu812&d=d4_mili

1991年のアメリカが行った湾岸戦争のときに、初めて実戦使用されました。
全地球測位システム(GPS)を搭載し、精度の高い攻撃が可能ということです。
射程距離(飛距離)は1.2~3.0キロメートル。
巡航ミサイルの機種にもよって射程距離が変わるようですね。
トマホークの飛距離『トマホークはいくつも種類があります。
最大射程は遠距離のタイプで2500km~3000kmです。
短いものは1250km~1650kmあたりです。
速度は最大巡航が880km/hです。』

*知恵袋より
日本もアメリカに頼らない防衛・自衛策として巡航ミサイルの開発が始まるかも・・・しれませんね。
自衛隊に敵基地攻撃能力を保有したほうがいいんじゃないかという意見もあるかと思います。
そして一番実戦しやすいのが今回アメリカのトランプ大統領が使った巡航ミサイル『トマホーク』なのです。
それによって中国や北朝鮮を刺激してしまったらいけませんが。
こんな本があるんですが。。。気になりますね↓
『巡航ミサイル1000億円で中国も北朝鮮も怖くない』

『巡航ミサイル 『トマホーク』を自衛隊も開発しているのか?』についてでした。