エンタメ

電磁パルス攻撃 防御方法は国の対策しかない!

北朝鮮は2017年9月3日に行った『水爆実験』の後
「電磁パルス(EMP)攻撃の能力も開発した!」と発表しました。

電磁パルス攻撃の可能性が高まっている中で、電磁パルス攻撃への防御方法があるのか?日本の対策はどうなっているのか?をまとめています。




北朝鮮 電磁パルス攻撃とは?

北朝鮮の金正恩委員長は、水爆実験により『巨大な殺傷力と破壊力があり、超強力電磁パルス攻撃まで加えられる核弾頭である』と発表。

 

電磁パルス攻撃とは何なのか??

 

通常の核兵器はミサイルに搭載され、上空の数100Mから数Kmという低い高さで爆発させます。(過去の長崎や広島のように・・・)

 

電磁パルス攻撃は、
もっと高く打ち上げ(30Km~400Km)その高高度で核爆発させるのです。(大気圏より上で核爆発させます。)

 

すると、核爆発によって放出されたガンマ線が大気中の分子と衝突し、その結果 強力な電磁波が発生するのです。

それが『電磁パルス』(EMP)

*パルス=振動、波動

 

雷(稲妻)も同じく電磁パルスが起こり、電子機器が破壊される場合があるが被害程度は核爆発より小さく、防御対策も十分行われている。

[cc id=635 title=”行間”]

なぜ北朝鮮は電磁パルス攻撃を発表したのか理由は?

ミサイルは通常、
打ち上げられて大気圏を出て、
落ちる時に大気圏に再度突入する
そのとき摩擦などで失敗することが多く、ミサイル開発では『再突入技術』は難しいといわれています。

北朝鮮にミサイルの『再突入技術』がまだなくても、大気圏で核爆発を起こす『電磁パルス攻撃』は可能なので北朝鮮が発表してきたのです。

 

現実的に最大の脅威だと認識されています。

 

過去の冷戦末期に電磁パルス攻撃の対策が研究されていた!

旧ソ連とアメリカの冷戦の末期に、この電磁パルス攻撃の恐れがありました。旧ソ連がアメリカのNATOに対して使う恐れがあったのです。

 

そこでアメリカや日本は『電磁パルス攻撃』の対策・防御方法を研究しようと初めていたところで冷戦が終了し、そこで研究は止まっていました。




[cc id=635 title=”行間”]

電磁パルス攻撃の影響は!

  • 電化製品が使えなくなる
  • パソコンもスマホも使えない
  • テレビも見れない
  • 停電が起こる
  • 水道が止まり水が出ないところも
  • 飛行機が飛ばない
  • 電車や新幹線も動かない
  • 銀行のATMが動かない
  • 冷蔵庫も止まるので食品が悪くなる
  • 信号が止まる

 

こちらは電磁パルスを表現した映画です。
イメージがわかるので御覧ください。
↓↓↓

映画「フィフス・ウェイブ 」
[cc id=635 title=”行間”]

電磁パルス攻撃の人体への影響はある?

直接的に人体への影響はないといわれますが、電子機器が大規模に破壊された場合、すぐに復旧できないでしょう。

一番始めに生命への影響がでるのは

  • ペースメーカーが止まる
  • 手術もできない場合が多い
  • 医療機器が止まる
  • 飛行機や新幹線が機能不全に

人体に直接影響はないが、

  • 食料の物流も止まり食料が不足
  • 水も出ないことで飲料水や衛生環境悪化

 

長期間続くとなれば、多くの人体に影響がでる可能性がとても高いです。

 

また電源を失った原子力発電所(原発)が制御不能になることも心配されています。




電磁パルス攻撃されて電子機器が壊れるまでの時間は?

数時間~10時間程度と言われています。

飛行機や新幹線など、いま現在動いている状態で『電磁パルス攻撃』が起こったら・・・やはり対策と訓練を万全に練っておく必要があります!

生命にかかわる機器もそうですね。

 

電磁パルス対策のシールド材も販売されている

電磁波シールドフィルム

 

電磁シールドテント

こちらのテントはちょっと驚きの価格ですが(汗)

妊婦さんには電磁波対策のエプロンも
★電磁波防止エプロン★磁界吸収エプロン:MS5000 AP-2電磁波/電磁波対策…

[cc id=635 title=”行間”]

電磁パルス攻撃は実験も禁止する法律がある

1962年にアメリカが電磁パルス攻撃の実験をしています。大気圏内で水爆実験を行ったのです。

その時に1400Km離れたハワイで電子機器に影響がでました。

 

それで国際条約ができ『部分的核実験禁止条約』で決められました。

 

北朝鮮が行っている地下での水爆実験も違反行為にあたります。

 

電磁パルス攻撃の防御方法と対策は?

地上から100Kmの高高度の上空で核爆発がおこると、日本のほぼ全土にあたる1100Kmの範囲で影響が及ぶといわれています。

 

暴走する北朝鮮の新たな脅威『電磁パルス攻撃』へ

アメリカと日本ではどのような対策が行われているのでしょうか。

 

電磁パルス攻撃へのアメリカの対策

アメリカもまだ万全とはいえませんが防御方法を研究していました。オバマ大統領も研究をしっかりやるよう指示していたようです。

 

アメリカの電磁パルス攻撃への防御方法は
たとえば極めて限定的に重要な電子機器にメッシュのような金網をかけていきシールドを張るというイメージの防御方法だとか。

重要なパソコン(コンピューター)自体を包み込むようにカバーをかけるとか。

アメリカでは国の超重要な機関に対しては特に防御対策をされているようです。

 

電磁パルス攻撃への日本の対策は?

日本はまだほとんど対策をしていません!

 

ただこのような防御方法はあると考えられています

  • 外交交渉により未然に核ミサイルを発射させない
  • 核爆発前に、ミサイルを迎撃する
  • ミサイル迎撃防衛を強化しておく
  • 電磁パルス攻撃を受けた場合の国家的な対応計画の策定
  • 重要な電子機器や通信インフラへの電磁波防護措置

どれも一国民レベルでできる対策ではないですね。

電磁パルス攻撃への防御方法を日本政府も早く行っていかないといけないと思います。




 

電磁パルス攻撃の防御方法に『ファラデーケージ』という鉄の箱

ファラデーケージという特殊な鉄の箱に入れて、電磁パスルから防御するという方法もあります。

アメリカの重要な施設は、慎重に設計されたファラデーケージで防御されているとか。

EMPから守りたいならファラデーゲージに入れることが有効だとも言われています。

ネットで『ファラデーゲージ作り方』と検索すると、情報があります。
『ファラデーゲージ作り方』

【Amazon ファラデーケージ商品】