エンタメ

明浄学院高校の乗っ取り疑惑の原因は大阪観光大学の経営不振か

大阪市阿倍野区にある私立の女子校『明浄学院高校』
校長含む教員18人もが3月末に一斉退職していました。

 

明浄学院が乗っ取りにという噂は知る人ぞ知る話だったようです。

 

『明浄学院高校の乗っ取り疑惑の原因は大阪観光大学の経営不振か』についてまとめています。

 




 

明浄学院高校とは?場所は?

明浄(めいじょう)学院高等学校

 

住所:大阪府大阪市阿倍野区文の里3丁目15−7

大阪中心部の一等地にある高校です。

 

私立の女子校。

偏差値は40~49

大正時代(1921年)に開学。

 

2017年7月この明浄学院高校の半分程度の敷地の登記簿に売買契約の仮登記がされたといわれています。

 

明浄学院高校は『学校法人 明浄学院』が運営

 

2000年に系列の『大阪観光大学』が開学
(開学当初は明浄大学という名称)

 

明浄学院の乗っ取り疑惑には大阪観光大学が原因にあった!

大阪観光大学は私立の大学です。

場所は大阪府の関空の近くにあります。

入学する大学生は少子化ということもあり入学者は定員に達しない模様で、大学は国の補助金に40%頼る状況だと言われています。

 

しかしそれでも経営不振は解消できず、第三者機関からの支援を受けることになったのです。

 

ある医療法人からは5億円以上もの支援を
ある岡山県でホテル経営をしている実業家からは5億円の支援が。

他にも支援はあったかもしれません。

 

そして学校法人 明浄学院の理事が支援者の関係者に変わっていったのです。

 

その第三者機関の支援が今回の『明浄学院の乗っ取り』とされる問題になったのです。

 




 

学校法人に支援した理事関係者が高圧的な運営

 

資金援助した関係者は学校法人明浄学院の理事となり、週に1度学校にきて職員に高圧的な言動もあったといわれます。

 

『3月には校長以下16人が辞めるというか、クビ切りで辞めさせられる』という話も今年の2月号『日本タイムズ』に書かれています。

>>日本タイムズ2月号<<

 

反社会的勢力との関わりの噂もある理事が
私立高校『明浄学院』の経営難に乗じて「乗っ取り」を図り、
学校を廃校にして売り飛ばす計画を進めている

 

真実はどこまでが本当かはわかりませんが
今回の明浄学院の乗っ取り問題が注目されている点はここなのです。

 

ライブドアの副社長も理事

ホリエモンこと堀江貴文氏で知られたライブドアの副社長まで務めた大塚哲也氏も明浄学院の理事をされています。

 

明浄学院高校から大学進学を系列の『大阪観光大学』にするように進学先の半強要もあったという噂も。。。

 

 

明浄学院の乗っ取りに関しての裏事情は、今後世間にクローズアップされるのでしょうか?