原三信病院の事故で被害者の子供さん誰が育ててるのか心配

福岡の博多区の原三信病院で2016年12月3日に起こった事故では、お見舞いに来ていたご夫婦(花田盛幸さん(44)、美佐代さん(44))夫妻と、遠藤一行さん(53)の三人が犠牲となって亡くなられた痛ましい事件でした。
このニュースで多くの人が心を痛めたのは、目の前でお父さんとお母さんを亡くしてしまった小学2年生の子供さんのことです。花田さんご夫婦の子供さんは一人だったため、両親とも亡くしてしまったその子供さんを心配してしまうのは同じ年頃の子供をもつ親御さんばかりでなくたくさんいると思います。
3月1日のヤフーニュースで、その後の子供さんの様子が紹介されていました。

スポンサーリンク




被害者 子供 誰が育てるのかが心配される意見多い


3月1日のヤフーニュースで、被害者の子供さんが現在どのような生活をしているのかや、誰が育てているのか少し紹介されていました。
子供さんは小学2年生(年齢8歳)でした。その後は周囲の支援を受けながら、少しづつ日常を取り戻しつつあるそうです。
少しホッとした気持ちになりました。このニュースを聞いた時のショックが強かったので、今回の(その後のニュース)記事を読んでいるだけで涙が出そうになりました。
子供さんは福岡市内の小学校へ通われていたそうです。親族(とありますがおそらく祖父母のおじいちゃん・おばあちゃんかな?)が福岡市外に住んでいてそちらの学校へ通われるのかな?と想像していたんですが、これまで通ってきた小学校へ通いたいと希望されたようです。
たしかに、小学2年生でもお友達や先生、学校にも親しみがあり、転校するとなるとそれだけでストレスもかかってくるでしょうね。小学校、中学校の間は家庭の都合(転居、親の離婚、親の単身赴任)などで転校する必要が出てきた時、子供の学校を変えるという選択肢は非常に厳しいと思います。
さて、子供さんは昨年末の12月末に小学校へまた通い始められたそうです。親族の支援を受けながらとありますので、おじいちゃん、おばあちゃんかご両親の兄弟の方々が一緒に住まれているのかもしれませんね。
友達の保護者も世話役を買って出て友達と遊ぶ際に見守っているとあります。
お友達のお母さんたちって本当に頼りになると思います。お友達やお友達のお母さんたちの心遣いって一番身近でうれしいですね。
福岡市教委も一時スクールカウンセラーを学校に常駐させた。とあります。学校には定期的に心理のカウンセラーの先生が来られますが、このスクールカウンセラーの先生をしばらく常駐されるという支援を教育委員会が行われたのですね。
多方面から、子供さんの支援を行っておられるようでした。子供さんがこれからも支援を受けながら周りの方からの愛情をうけて生活できることを応援していきたいです。

スポンサーリンク




原三信病院 事故についての多くの感想


「かわいそうでかわいそうでね。 両親目の前で。 残酷だわ」
「気の毒すぎてなんも言えない 」
「タクシー歴35年のベテラン運転手が 8年も慣れしたしんだ車で 走行中に アクセルとブレーキを踏み間違えることがあるのかね・・・ 」
「きちんと事故のこと調べてほしい」
「50mの間にハンドル切るとかできなかったのかな それとも切っても無駄だったのか、その辺気になる」
こちらが原三信病院の場所です。
キャプチャ.PNG
「 病院の位置悪すぎじゃないか?クランクの突き当たりにガラス張りてそらなにかあれば突っ込んでくる」
と言う意見がありました。
『原三信病院 事故 被害者 子供 誰が育てるのかが心配される意見多い』についてでした。