ニュース

中村奨成 出身地と中学時代の野球チームはどこ?

2017年夏の甲子園で一番注目されているのが広島 広陵高校の中村奨成( しょうせい)選手でしょう。3年生なので最後の夏。

高校卒業後はプロ野球選手の可能性大の『ドラフト1位指名候補No1』と言われています。

そんな広陵の中村奨成捕手の出身地、小学校、出身中学、所属していた野球チームのついて調べてみました。




中村奨成捕手の出身地は広島県のどこ?

1回戦の中京大中京(愛知)戦では2本ホームラン

2回戦の秀岳館(熊本)戦では3ランホームラン

3回戦の聖光学院(福島)戦では2ランホームラン

甲子園3試合連続のホームランを放っています。

 

ちなみに、広島県地区大会でも、準決勝・決勝とホームランを放っています。

 

まさに『どんだけ~~!』という選手ですね。

 

名前:中村奨成

名前の読み方が難しいですが
『奨成』は『しょうせい』と読みます。

生年月日:1999年6月6日

現在18歳で高校3年生。最後の夏ですね!

 

さて、広島県内でも中村奨成選手の出身地は廿日市市(はつかいちし)

さらに出身小学校が『大野東小学校』なので、実家はこの校区内でしょう。

場所はこちらです。

 

グーグルマップだとこちら。

廿日市市立大野東小学校に入学し、1年生のときに軟式野球を始めました。

小学校の時に所属していた野球チームが『大野友星』です。

現在の公式ページでは

練習場所・・・廿日市市立大野東小学校
練習日時・・・

木曜:15時 ~ 17時
土曜:日曜13時 ~ 17時とあります。

>>中村選手・小学校時代の野球チーム『大野友星』の公式ページ<<

 

中村奨成選手は小学3年生の時に自ら志願して、ポジションがキャッチャーに。




中村奨成選手 出身中学と中学時代の野球チームは?

中村奨成選手の出身中学は
『廿日市市立 大野東中学校』

 

大野東中学時代は『大野シニア Baseball Club』という軟式野球チームに所属し、捕手兼投手としてプレー。

  • 4番打者
  • キャッチャー
  • ピッチャー

とまさしくエースとして活躍していました。キャッチャーとピッチャーの両方ができる選手といのも珍しいですよね。

走・攻・守のどれもが実力がある選手です。

 

>>中学時代の野球チーム『大野シニア』の公式ページ<<

 

広島県西部 廿日市市 小田島グランドをホームグランドとして活動する、中学軟式野球クラブチーム『大野シニア Baseball Club』です。

 

 

中村奨成選手 高校は名門『広陵高校』へ

野球の強豪校として全国的にも有名な広陵高校へ進学した中村奨成選手。

  • 1年生の入学直後からベンチメンバーに抜擢
  • 1年生の夏からはレギュラーで正捕手に抜擢
  • 1年生で背番号2番をもらいます

 

しかし、そのプレッシャーは大きかったのでしょう。精神的負担から胃を痛め、ご飯を食べても吐いてしまう時期もあったそうで、1年生レギュラーながらの辛さものしかかっていたのでしょう。

 

高校では実家を離れて、広陵高校の寮生活をしている中村奨成選手。

女でひとつで育ててくれた母と離れて暮らしているんです。

実家近くの小学校から広陵高校までの距離と位置関係がこちらです。

車で30分くらい

距離にして27キロくらい

けっこう実家から高校まで遠いですね。

 




中村奨成選手の驚くべき記録(数字)

 

  • 身長182㎝
  • 体重77㎏
  • 送球:セカンドへの『1.74秒』の強肩
  • 遠投:120メートル
  • 走り:50mは『6秒00』

そして

ホームランは高校通算40本塁打!
これは巨人の阿部慎之助選手と並ぶ記録です。

 

『捕手としては高校生No・1だと思う』とドラフトのスカウトマンも高評価!

 

目標に掲げるプロ野球選手は広陵高校のOBの小林誠司選手(巨人)だと言われます。

 

甲子園が終了しても中村選手は2017年9月に行われるU18ワールドカップ1次候補に選出されています。

 

お母さんは『広島カープ』ファンという情報もありますが、地元の広島カープに入団するのか?

それとも広陵高校OBの小林誠司選手がいる巨人に入団??

多くの球団がドラフト1位指名するでしょうね。

 

 

中村選手は「最後の夏は広島を勝ち抜き、全国優勝を目標にしています。甲子園に行ってプロ野球選手になる。記憶にも記録にも残る捕手になりたいです」と目標を語られていました。

 

高校卒業後に大学に進学せず、プロ野球へという夢を聞くと、ますます応援したくなりますね!

 

 

甲子園の3回戦(聖光学院戦)で2ランホームランを放った後のインタビューで

「打ちたいと思って打席に立ちました。センター返しの気持ちだったが体が反応した。打った感触は完璧でした」とコメント。

 

今後の活躍が楽しみです!