ヒアリ探知犬の『ビーグル』台湾で対策効果あり!!

ヒアリ探知犬の『ビーグル』台湾で対策効果あり!!
2017年7月14日強毒の外来生物『ヒアリ』が横浜港でも見つかっています。700匹ものヒアリが発見され、女王アリがいた可能性も高いとのこと。
台湾ではヒアリの対策として企業が『ヒアリ探知犬』を育成し、ヒアリを見つける手段になっているそうなんです。
いったい『ヒアリ探知犬』とはどんなものか!まとめてみました。

スポンサーリンク




台湾のヒアリ対策『ヒアリ探知犬』とは!


beagle-166873_640.jpg
最悪の外来生物であり、強毒が人にも被害をもたらすヒアリ。
ヒアリの対策として犬を使っているのが台湾です。台湾では2003年にヒアリが空港で発見されました。
その後、2009年からヒアリ対策をしている民間企業があるのです。
場所は『台湾の桃園市』


この民間企業は広い敷地の原っぱに『ヒアリ探知犬』を育成しています。
上の画像のように背中に黄緑のカバーを装着しています。
犬の種類は『ビーグル犬』です。
ビーグル犬の嗅覚を徹底的に鍛え、ヒアリが出す独特の臭いを嗅ぎつけます。
ヒアリが40~50匹いるとヒアリ探知犬は発見できるそうです。
ヒアリの巣などの発見に効果を発揮します!

ヒアリ探知犬の効果は!?


飼育員がヒアリ探知犬を連れて歩きます。
すると探知犬が歩くのを止めて座り込みました。
ヒアリの巣の臭いに反応して座ったのです。
アリ塚.PNG
その場所を飼育員が持っていた棒でつついてみると、中からたくさんの赤いヒアリが出てきました。
台湾では『ヒアリ探知犬』を導入してから、ヒアリの拡大ペースが落ちたといいます。

スポンサーリンク




台湾のヒアリ専門家のアドバイスとは


ニュースZEROでは、ヒアリの生態にくわしい台湾の専門家『国立彰化師範大学の林宗岐博士』に取材されていました。
台湾のヒアリの専門家の助言では
「日本ではヒアリの侵入・拡大に対して水際対策をしている今が重要!」
と話されています。
(日本の環境省が行っている)毒エサは、ヒアリが近くを通らないと食べてもらえないので、台湾ではヒアリの殺虫剤を広い範囲に散布します。
日本政府のヒアリ対策でも『ヒアリ探知犬』は導入されるのでしょうか!?発見することができるなら有効な対策ですよね!
ヒアリ探知犬を1匹育成するのに約185万円の費用がかかるそうです。
ヒアリ探知犬の『ビーグル』台湾で対策効果あり!!についてでした。

関連記事
ヒアリ 特徴 見分け方!刺されたらどうなるか!
ヒアリの天敵はゾンビバエ!日本の蟻では勝てない?
ヒアリ 春日井市 どこ?場所は!
ヒアリの被害 中国やアメリカでは家畜や農作物まで!!
ヒアリは日本のどこに上陸したか!【最新情報】
ヒアリ 対策 オーストラリアや台湾の駆除方法!
ヒアリ 大井埠頭の場所はどこ? 7月13日ベニア板に巣があった!
ヒアリはハンターハンターの『キメラアント』!?
ヒアリが横浜港に500匹の場所はどこ?女王アリがいた可能性も!
ヒアリのアメリカ分布・生息地は?対策法

ヒアリ 福岡県福岡市の発見場所は?
ヒアリ北九州港から大分県中津市へ場所はどこ?
一番やっかいなのはこの女王アリです。画像
女王アリ画像.PNG