ヒアリの天敵はゾンビバエ!日本の蟻では勝てない?

ヒアリの天敵はゾンビバエ!日本の蟻では勝てない?
2017年7月強毒なヒアリが日本へ上陸し拡大しています。
ヒアリが日本に増殖しないようにどんな対策があるのか知りたいところですが『ヒアリの天敵』についての情報がわかったのでまとめてみました。
2017年7月10日のモーニングショーでお話されていたことです。解説されていたのは村上貴弘先生(九州大学決断科学センター准教授)

スポンサーリンク



 

ヒアリの天敵はゾンビバエ!


こちらの動画で詳しく説明されていたのでご紹介します。
  ↓↓↓


*OMGチャンネルより
まとめると、
●ヒアリの天敵である『ゾンビバエ』はヒアリより小さい
●ヒアリに約200個もの卵を産み付ける
●ヒアリの体内に侵入
●体液を吸って成長
●脳を食べ
●ヒアリの頭部を落とす

怖い・・・・・・^^;
『ゾンビバエ』という名前の由来も納得ですね。
ヒアリはそもそもどこから発症した蟻なのかというと、原産国は南米(南アメリカ)です。アマゾンがある地帯ですね。
しかし!その原産地の南米にはヒアリの被害が報告されていないそうなんです。
その理由が『ヒアリの天敵であるゾンビバエがいるから』です。
上の動画でも紹介されていたように、ヒアリに天敵のゾンビバエは寄生することによってヒアリの拡大がストップします。

ヒアリの天敵 ゾンビバエの大きさ


【左画像:ヒアリ、右画像:ゾンビバエ】


この画像では、同じくらいの大きさに見えますが、ヒアリとゾンビバエはどちらが大きいと思いますか?
ハエだからゾンビバエの方が大きいと思いますよね。
しかし実際には、天敵『ゾンビバエ』の方がヒアリの4分の1ほどの大きさしかないんです。
ヒアリの大きさ:2.5〜6ミリ
ゾンビバエの大きさ:0.6~1.5ミリ

日本を脅かしている『ヒアリ』も小さなアリですが、人類を危機のするのは『アリ』とか『ウイルス』みたいな小さいものなのかもしれませんね~^^;

スポンサーリンク



 

ヒアリの原産国『南米』ではヒアリなんか弱い方!?


村上准教授「南米はヒアリの他にもおっかないアリがいっぱいいるんで」
「ヒアリはどっちかっていうとそんなにスター級に強くはない」
ヒアリより強敵なアリとは『グンタイアリ』など。だからアマゾンのヒアリは川の近くなど隅っこでした生息できないのです。

日本の蟻(在来種)はおとなしい


ant-1409911_640.jpg
日本の蟻、つまり在来種はおとなしく、ヒアリなどの外来種には負けてしまいます。
なんか日本の政治姿勢ともかぶっているような気もしますがw
毒をもつヒアリの対策を期待したいですね。

ヒアリの天敵は殺虫剤!


ヒアリを見つけた場合の対策としては
①熱湯をかける
②殺虫剤をかける
③毒エサを巻く
と解説されました。
殺虫剤とは、村上准教授は具体的な商品名を言われませんでしたが、選ぶポイントとして『アルゼンチンアリ用』と書かれていたら効果がありますと説明されました。
こちらの大手メーカーのヒアリに効果がある殺虫剤はこちら
キンチョール
【ヒアリ 火蟻 ひありアリ 駆除 アリ退治】アリキンチョール450ml
フマキラー
フマキラー:アリカダン 480ml
そしてヒアリを見つけたら各地域の『地方環境事務所』に通報してくださいとのことです。
『ヒアリの天敵はゾンビバエ!日本の蟻では勝てない?』についてでした。
関連記事
ヒアリ 特徴 見分け方!刺されたらどうなるか!
ヒアリ 春日井市 どこ?場所は!
ヒアリの被害 中国やアメリカでは家畜や農作物まで!!
ヒアリは日本のどこに上陸したか!【最新情報】
ヒアリ 大井ふ頭 7月13日ベニア板に巣があった!
ヒアリ 対策 オーストラリアや台湾の駆除方法!
ヒアリはハンターハンターの『キメラアント』!?
ヒアリが横浜港に500匹の場所はどこ?女王アリがいた可能性も!
ヒアリ探知犬の『ビーグル』台湾で対策効果あり!!
ヒアリのアメリカ分布・生息地は?対策法