エンタメ

バスケ富樫勇樹の子供(小学生)時代の意外な性格


バスケ富樫勇樹の子供(小学生)時代の意外な性格

 

日本の男子プロバスケットリーグも盛り上がっていますね♪

そんなBリーグでもMVPとなり司令塔として注目されているのが富樫勇樹選手です。

2019年には日本人初の年俸1億円プレイヤーに!

 

 

今回は、富樫勇樹選手の意外な子供時代のエピソードをご紹介します!

 




 

富樫勇樹の子供時代の性格は?

 

実はとてもシャイボーイだった富樫選手。

 

保育園の頃のエピソード・・・

 

当時4歳の富樫選手は、保育園の運動会で『玉入れ』があったのですが、みんながワイワイ玉入れをしている中、離れた外側に立ってまったく入られない。

 

富樫選手いわく「本当に(子供の頃は)シャイで、人前でしゃべったりすることが本当に苦手だったんです。中学生まで。」

 

保育園(幼少期)
小学生
中学生
までずっとおとなしい性格だったそうです。

 

ちなみに小学1年生からお父さんの勧めで(ミニ)バスケを始められました。

 

小学1年生の時、初めてユニフォームを着たそうですが、その時も『ユニフォームを着たくないと逃げ回って、母親が追いかけて、やっと着たんです』ということもあったとのこと。

 

 

富樫勇樹プロフィール

 

 

項目富樫勇樹選手プロフィール
本名富樫勇樹
読み方とがしゆうき
出身地新潟県新発田市
血液型AB
生年月日1993年7月30日
年齢(2019年現在)25歳
身長167センチ
体重65Kg
バスケ開始年齢小学1年生
きっかけ父親のすすめ
中学校新発田市立本丸中学校
高校モントローズ・クリスチャン高校
ポジションポイントガード
現在のチーム千葉ジェッツ

 

 

21歳の時に、日本人2人目となるNBAのチームと契約を結んだことで一躍有名人になりました!

 

一番の人生の転機は!富樫選手が成長したきっかけとは

 

富樫選手「やっぱり日本を飛び出したことが、言葉ではあらわせないくらい自分を変えてくれたなと」

 

富樫選手は、出身地の新潟県の新発田市立本丸中学校でバスケ全国制覇!

 

卒業後、アメリカのバスケ強豪高校へ進学。

 

日本でも身長が低い方の富樫選手が、体格の大きなアメリカの選手たちとプレーする。

 

失敗と挫折が沢山あったとのこと。

 

しかし身長が小さいこともプラスに活かすプレーをあみだしていったのです。

 

身長が低くても果敢に挑戦し、失敗を恐れない経験をつみ、自分に自信がついてスタープレイヤーに成長!

 

富樫勇樹、子供たちに伝えたい想いとは

 

「未来の子供たちや、バスケットを始める子供に、

夢のある(バスケット)リーグだと思ってもらえたらすごく嬉しいです。」

 

身長が低いとかいう先天的なハンデを、努力や気持ちの持ちようで克服し、身長が高い選手をも上回るプレーをしている富樫勇樹選手は、とても勇気も与えてくれるプレイヤーですね!

 

 

富樫勇樹の日本人初の1億円超え年俸!その理由は?

 

富樫勇樹選手が所属しているチームは『千葉ジェッツ』です。

 

観客動員数が日本のバスケチームではNo1

 

関連グッズの販売収益も約17億円

 

人気チームなんです!

 

しかも、千葉ジェッツの所属プレイヤーは13人。

 

選手に収益を還元しやすいことが、選手の年俸が高くなった理由だということです。

 

(*情報元:グッドモーニング、佐々木クリス氏)