いとうあさこ 家出した理由は?

いとうあさこ 家出した理由は?
2017年5月14日放送の『誰だって波瀾爆笑』は女芸人としてさらに人気が上がっている『いとうあさこ』さんでした。実家がお金持ちで、お嬢様育ちだということは知ってたけど、今回の『誰だって波瀾爆笑』で一番驚いたのは、いとうあさこがお金持ちの実家から家出してたって話!
いとうあさこの家出の理由が気になる!! 調べてみました。

スポンサーリンク



 

お嬢様だったいとうあさこが19歳で家出した理由は?


そうそう! 本物のお嬢様だったいとうあさこさん。 祖父も父親もお兄さんも、みんな東京大学卒業しているとか、いとうあさこさん自身も女子御三家といわれる名門の雙葉小学校、雙葉中学校・高等学校に通っていたようなセレブ&優秀な人だったんです。
いとうあさこさんも頭が良くて、特に理数系が得意で、将来の夢は『宇宙飛行士』だったと言われていました。
流れを知らないと「冗談だよねww ネタかな?ww」と思ってしまうような話ですが、いとうあさこさんの生い立ちを知ると、納得の宇宙飛行士です!

そんな立派な家で何不自由なく暮らしていただろういとうあさこさんが、なぜか高校卒業して19歳のころに家出をして、そのままアルバイト生活をして、何年も実家と連絡をとらなかったと!
なぜなぜ?? いとうあさこさんの家出した理由は『誰だって波瀾爆笑』でも語られなかったんです。


ただ家出の状況は、「図書館に行ってくる」という書き置きをして出ていったということと、大好きだった近藤真彦のLPを持っていったということと、全日空ホテルでバイトして生活していったということ。
なんと! いとうあさこさんは、家出したもんだから成人式をきちんとしていないのです。実家のご両親もずいぶん心配されたんでしょうね^^;
それにも深いいエピソードがあるんですが。。。


スポンサーリンク



 
さて、家出の理由はWIKIにはあるのか?
『門から玄関までかなりの距離がある大豪邸に住んでいたが、尾崎豊に憧れて家を出た』
え! 家出の理由は尾崎豊さんに憧れて家を出た!? 年齢的にはどうなのか。いとうあさこさんが1970年生まれで、尾崎豊さんは1965年生まれだから、いとうあさこさんが5歳下ですね。
そして尾崎豊さんが亡くなったのが26歳の時なので、その時いとうあさこさんは21歳。家出したのは19歳だから、尾崎豊さんはまだ生きていて人気絶頂のころですね。
【尾崎豊 2017年に出版された本】

お嬢様として家柄もよく育ってきたいとうあさこさんだからこそ、がむしゃらに生きていた尾崎豊さんに憧れたと言われればわかる気もしますね。
今でも新しいファンができる程の魅力があるアーティストなので。
尾崎豊 命日 特番2017年4月25日

いとうあさこ 家出の理由は進路のトラブル?


19歳のころのいとうあさこさんは、大学を目指して浪人をしていて、「宇宙物理学」の分野を目指していたけど、親は文系を勧めており、そこで親子の確執が当時あったのかもしれません。
ずっと連絡を家にしなかったくらいなので、親子ゲンカが家出の原因だった可能性は高いかもですね。今では仲良くしているそうです。
『いとうあさこ 家出した理由は?』についてでした。


料理上手だったんですね。あさこさんのお母さんも料理上手だと言われていました。