選挙は税金の無駄遣い!?かかる費用は63200000000円!(632億円)

選挙は税金の無駄遣い!?かかる費用は63200000000円!(632億円)
安倍晋三総理の衆議院解散により、2017年10月に行われることが決定した衆議院総選挙ですが、選挙っていくら位の費用がかかっているのか気になりませんか?
選挙資金は国民が納める税金から賄われます。
9月にあった池上彰さんの番組で総選挙にかかる金額が紹介されていました。まとめてみました。

スポンサーリンク



 

選挙は税金の無駄遣い!?解散総選挙に使われる税金は?


池上彰さんの説明では

  • 投票所の設置
  • 投票用紙の印刷
  • 候補者の選挙運動費用
  • 選挙管理委員会の活動
  • 開票作業など

などなど多くの人・物にお金がかかります。全国津々浦々で行われるのが国会議員の選挙なので、費用も莫大でしょう。
2014年の解散総選挙時の予算では
6,320,000,000円
つまり632億円かかっていたのです!!!
632億円ものお金が一回の選挙で使われるのか・・・・
「税金の無駄使いじゃないか!!」
と言いたくなりますね。
池上彰さんは「一般的には『民主主義を維持するためのコスト』だと言われていますが、これだけお金がかかっているんですね~」
衆議院が解散する
「へ~そうなんだ~」
「衆議院の選挙あるんだ~」
とだけ思っておれない現実があるんです。
選挙費用にはこれだけの(約600億円)税金が投入されていると思えば
しっかり候補者の政策方針を知り
自分が納得できる人に投票しに行かないといけませんね。

マンガでわかる!税金のすべて(’17〜’18年版) 最新版

国の税金の無駄使いはどうやったら減らせるのか?


池上彰さんはこう言われてました。

「さまざまな無駄使いも起きてくる。
だけどその予算を決めているのは『国会議員』ですね。
『国会議員』を選んでいるのは私達。
ということは、回り回って私達の責任ということになり、選挙で国会議員を選んで「さあ、おまかせ!」というわけにはいかない。国会議員が何をやっているかということを監視し、600億円も税金をかけて行われている選挙で、仕事をしていない議員は落とす!ということですね」

なるほど納得ですね!
高額の税金を使って選ばれたのに、実績よりも不倫で注目されたような議員こそは『税金の無駄遣い』として落とすことが、税金を大事に使ってもらう一番手っ取り早い手段かもしれません。