菊池高校野球部監督2017熊工に勝利!PL出身渡邉監督

菊池高校野球部監督2017熊工に勝利!PL出身渡邉監督
2017年7月17日熊本県高校野球の3回戦で、何度も熊本代表として甲子園に出場してきた『熊工』こと熊本工業高校がまさかの3回戦敗退という結果に!
熊工に勝ったのは『菊池高校』です。


熊工のエースでドラフト候補にも上がっている山口翔投手が先発じゃなかったということも敗因だったのか?
菊池高校の宮本辰生投手のスライダーがよかったのか。
菊池高校の渡邉監督の采配がよかったのか。
第2シードの熊工が負けたということで、熊本県民の動揺は大きいんじゃないでしょうか?

スポンサーリンク



 

菊池高校 野球部監督はPL学園出身!


熊本工業が菊池高校に敗れる! という波乱が起きました!3回戦(7月17日)
菊池高校.PNG
菊池高校はベスト8に進出。
菊池はNHK旗準優勝の勢いそのままだった!!今回熊工にも勝ったしこれは新たな時代の幕開けやな!
今年の菊池高校が強いのか?監督がいいのか!
去年(2016年)から就任した菊池高校野球部監督. 渡邉和雄さん
熊本工業高校を倒した菊池高校の監督は、PL学園で四番を打ち、青山学院大へ進み、三菱自動車水島で監督に就任し八木裕らをプロに送り込んだ名伯楽の渡邊和雄さん。

高校は大阪のPL学園ですが、渡邉和雄監督は熊本県の菊池市旭志出身。


2017年菊池高校はNHK旗で準優勝しており、シード校からは惜しくもハズレましたが、シード校並の強さまで持ち上げた渡邉監督の采配に注目でした。
熊工敗れました。菊池高校に PL学園出身の方が菊池高校に就任されただけでこんなにも強いチームができるですね 指導者の力はすごいなと思います。


渡邉監督の教え


渡邉監督の教え
走塁
『塁と塁の間を直線で走るようにし、前の塁を踏む際の回り方を徹底的に叩き込んだ』
菊池高校はピッチャーも良かったし 守備も光ってた!

スポンサーリンク



 

熊工のドラフト候補『山口翔投手』の試合後インタビュー


山口翔投手(やまぐちしょう)
熊本県熊本市出身
日吉中出身
熊工では1年からベンチ入り。2年から熊工のエースピッチャー
身長:181センチ
体重:75キロ(細身)
MAX151キロの右腕
この甲子園予選の大会でも各球団のスカウトマンが見に来ている。
山口翔投手もインタビューにて先発じゃなかったのが悔しい、だけど監督などが僕のことを思ってのことだから・・・とコメントされています。
途中登板だった山口翔投手。熊工、山口温存したけど、結果的にリリーフ登板してる。
悔しいでしょうね。

菊池高校 宮本辰生投手コメント


菊池高校 宮本辰生投手コメント
「スライダーに自信があるので、低めにゴロを打たせるようなピッチングをしました。」

関連記事
熊本 高校野球イメージガール2017の高校は?
熊本 高校野球 組み合わせ 2017年トーナメント速報!