梅毒が熊本県で2017年に急増!性病検査キットなら自宅で検査が簡単

梅毒が熊本県で2017年に急増!性病検査キットなら自宅で検査が簡単にできる
2017年 熊本県で性感染症である『梅毒』(ばいどく)の患者数が2016年の4倍にも増えているそうです!
男性が女性よりも多いのですが、男女ともに梅毒はかかるので他人事ではありません。

「病院に行きにくいけど心配・・・」という方は、自宅で検査できるキットを利用すれば簡単に検査ができます。
特に20~40代の男性に多く、年代別では20代が男女ともに多いので気になる方は『性感染症の検査キット』をご利用ください。
検査できる項目(性病)は

  • エイズ
  • 梅毒
  • クラミジア
  • 淋菌
  • トリコモナス
  • カンジダ
  • HPV
  • 子宮けいがん
  • B型肝炎
  • C型肝炎

になります。

幅広い性感染症の罹患結果がわかります。
こちらで詳しく説明してあります。
↓↓↓









熊本県以外でも全国的に増加傾向が続いているようです。全国では2017年10月までに4053人の『梅毒』患者が確認されています。
病院へ行っていない患者さんを入れたら、もっと多いでしょう。



『梅毒』は最近の梅毒トレポネーマに感染して発症します。
潜伏期間は3~6週間。
初期の症状としては、感染部位にシコリができたり、股の付け根が腫れたりします。
感染後、3ヶ月以上たつと赤い発疹が出ることもあります。