尾崎豊 斉藤由貴の交際で悩んでいた時に母に言われた言葉

尾崎豊 斉藤由貴の交際で悩んでいた時に母に言われた言葉
2017年7月21日放送の鶴瓶さんが司会をつとめるA−Studioにはゲスト出演したのが斉藤由貴さん。
新ドラマ『カンナさーん』に出演しているので最近よく斉藤由貴さんをテレビで見るんですが・・・斉藤由貴さんといえば『尾崎豊』さんを思い出してしまいます。
尾崎豊さんと不倫して北海道旅行しているところを『Friday』にスクープされたりしたことも有名ですね。
Aスタジオでは、そんな尾崎豊さんとの交際時のことかな?と思えるお話もあったのでご紹介します。

スポンサーリンク



 

Aスタジオで語られた斉藤由貴の過去の恋愛の話し


Aスタジオに出演した衣装が『エロくない?』と話題になってましたね~。
私は胸が大きいな~と思って見てましたが 笑


尾崎豊に密かにはまっている私にとって、斉藤由貴さんを見ると『尾崎豊とつきあってたな~』と毎回思ってしまいます。
今は結婚して3人の子供さんもおられるからびっくりですね。


芸能活動を再開?されてすぐは太ってて老けてみえましたが、最近は痩せてキレイですよね。さすが初代のスケバン刑事です!
まさか尾崎豊さんの話しが聞けるとは思わずAスタジオを見ていると・・・
斉藤由貴さんはご両親の話しをされていて。
特に「(自分の)お母さんが昔からいつも笑顔ですごいと思う。私はけっこう無愛想にしているけど、母は毎回別れるときなどは笑って声をかけてくれるんです。」と母へ凄さを語られていました。
その後の話で・・・
斉藤由貴さん「私が昔、恋愛で悩んでずっと泣いている日々があったんです。」
「そんな私を見て母が言ったことが『正々堂々と不幸になんなさい!』と言ったんです。」
「『でも見方だから。』と」
これは尾崎豊さんとの不倫・スキャンダル報道・そして尾崎豊さんの突然の死・・・そんな中での話ではないかと思いました。
斉藤由貴さんの立場になってみたら、それは不倫だからいけないことだけど、愛する人が亡くなったという出来事はかなり辛い想いをされたことと思います。

尾崎豊さんが突然亡くなった時、交際報道があった斉藤由貴さんにもマスコミが取材にきました。
その時、斉藤由貴さんは尾崎豊さんとの関係を「彼と私は同志みたいな感じ」だと表現したのです。
これは当時は不倫の事実だけで批判的な印象をもたれていた斉藤由貴さんかもしれませんが、いま改めて思うと「彼と私は同志みたいな感じ」という表現を使った斉藤由貴さんがとてもセンスもよく深い言葉だなと思います。

二人とも『卒業』という曲が大ヒットしていますね。なんだか切ないですが。。。
『尾崎豊 斉藤由貴の交際で悩んでいた時に母に言われた言葉』についてでした。