初期の肺腺がん 検査方法は何をされたか?中村獅童さん

初期の肺腺がん 検査方法は?中村獅童さん
2017年5月18日のニュースで、歌舞伎役者の中村獅童さんが初期の肺腺がんだと公表されましたね。
『肺がん』は知っていますが、中村獅童さんの『肺腺癌』とは初めて聞きました。
毎年行っている人間ドッグで、初期の肺腺がんが見つかったと言われていますが、とても奇跡的なことだということ。
どんな検査方法で見つけることができたのか? 本当に人ごとではないので調べてみましょう。

スポンサーリンク



 

中村獅童さんはどんな検査をされたのか?


毎年行っている人間ドッグで、初期の肺腺がんが発見されたそうです。
テレビの報道では、『普通の検査でよくある胸部レントゲンを撮り、異常が見つかったら、CT検査などをされたのではないか』と言われていました。
定期検診は大事ですね。


中村獅童さんは、初期の肺腺がんの発見だったためにすぐに手術をすれば完治すると医師から告げられたそうです。私は何が感動したかというと、報道局へ本人直筆のお知らせをFAXされていたことです。
本当に元気に回復されて、戻ってきて欲しいと思いました!
「奇跡的と言われる程の早期発見」だといいます。私は、高額だけど癌の早期発見ができるPET検査をされたんじゃないかな?と思いました。
 中村獅童、初期の肺腺がんを発表 動画がありました。
↓↓


肺がんの検査としては、レントゲン、喀痰 検査、血液腫瘍マーカー検査、CT検査、気管支鏡検査、胸腔鏡検査、経皮肺生検、PET検査などがあるようです。
【いまは自宅でも検査できる検査キットがあるんです】
検査キット.PNG
詳しくはこちらです。
↓↓↓

『肺腺がんなのですが正直検査で見つけるためには場所によります。心臓に隠れていたりすればレントゲンを何度撮っても写りません。疑わしい場合はCTをします。
しかし他の透けた部分であればごく小さいものからレントゲンで発見できます
かなり初期のものから発見は可能です。』
という情報がありました。

スポンサーリンク



 

中村獅童さん 初期の肺腺がんにみんなの応援の声


「進行の早い若い時に人間ドックで初期で見つけることができたのは不幸中の幸いと考えたほうが良い。半年違えばと考えると…早く見つかって良かった」
「早期発見で良かったです。まだ若いし、中村獅童さんのことだからサクッと帰ってきそう。」

肺腺がんは日本人には特に多く、肺がんの60%程度が肺腺がん。特に女性に多いということ。そして原因はタバコというより女性ホルモンと大気汚染が有力視されているそうです。
とにかく定期検診と食生活や生活習慣、ストレスに気をつけましょう。
【テレビにもよく出られる吉田医師の肺腺がんの解説動画】
↓↓


中村獅童さんのご回復をお祈りしています。
『初期の肺腺がん 検査方法は何をされたか?中村獅童さん』についてでした。