ディズニーから学ぶ仕事の壁を超える方法!

ディズニーから学ぶ仕事の壁を超える方法!
4月1日放送の世界一受けたい授業では、ディズニーから学ぶ心理学、精神論を紹介されたのです。
ディズニー映画のアラジンのジーニーを書いたエリック・ゴールドバークさんが登場しました。
ディズニー作品から壁を乗り越える方法を紹介されたのです。

スポンサーリンク




ウォルト・ディズニーは大人気だったオズワルトをやめて、『ミッキーマウス』を描き始めた理由は。
オズワルトの権利を奪われたのです。
1927年オズワルトの映画が大ヒットしました。しかし、配給会社に映画やオズワルトの権利を奪われたのです。
そんな中、思わず描いたのがミッキーマウスだったのです。
その時は気づかないことかもしれませんが、つらい経験はきっと自分のためになっていることを。
今から80年前に公開された白雪姫はディズニーが開発した世界初のマルチプレーンカメラが使われていたのです。アニメーションに奥行きとリアル感を出したのです。
ディズニー本社の建築物は7人の小人が支えていることからも、白雪姫
今年大ブームとなる『ズートピア』
スタンガンで火花を出すシーンで、動物たちのピントがあっていないのです。
リアル感を出すために、ピントがあっている動物の後ろの動物がぼやけさせているのです。
オーロラ姫のヒロインは、実物の女優さんです。他にもリトル・マーメードのモデルとなった人物が女優のシェリーストナーです。
ディズニー映画の描き方で、常に壁となっているものはなにか?
それは『水の表現』だそうです。
それではその水をどう表現しているのか?
何週間もスタッフは海にスケッチに行ったのです。そのあとリトル・マーメードが誕生したのです。
最新作「モアナ」も水ですよね。あれを担当したのは日本人なんですよ。監督からも厳しい要求があったそう。
スポンサーリンク